業者じゃなくても自分でできる?!エアコンクリーニング方法

エアコンは、暑い夏や寒い冬には毎日のように活躍するものの、家電製品の中でも非常に汚れやすいのも特徴です。エアコンに溜まりがちなホコリ、カビは臭いの原因にもなるうえ、喘息やアレルギーなどのように身体の疾患をもたらす危険性も高いです。

エアコンを掃除せず放っておくと危険ですから、喘息やアレルギーをお持ちの方やお子様、高齢者のいらっしゃるご家庭なら特に掃除を怠らないように心がける必要があります。また、身体に生じる疾患だけでなく、実はエアコンが汚れているとその分性能も落ちて消費電力が余分にかかってしまい、電気代が高くなってしまう可能性も高いです。

エアコン掃除は自分でもできる?

エアコン掃除というと業者に依頼するエアコンクリーニングがやはりベストではありますが、日頃仕事を抱えていて忙しく時間がない方はなかなか頻繁に頼むことは難しいことでしょう。そんなときはやはり自分でセルフクリーニングしたいものです。エアコンは実際に自分で掃除できるものなのでしょうか。答えは、YESです。

ただしそれは条件付きです。やはりエアコンの中でも手の届く範囲であればセルフで掃除することは可能です。手の届かない奥までキレイに掃除を行うのは困難ですから、プロの業者に頼むようにしましょう。また年1度は都合を付けてでもプロの業者に頼んだほうがよいです。

掃除はどのくらいの頻度で行えばよいか

エアコンの掃除は簡単なフィルターの掃除であれば、エアコンを毎日使用する夏や冬の間は半月に1度は掃除すると安心です。特にエアコンを毎日使用している時期は頻度が高くなるので、エアコン内部がカビやすい環境になり、カビ臭さも気になるようになってしまいます。それ以外の時期であれば2ヶ月に1度程度でも特に問題はありません。

また、近年ではお掃除機能が付いたエアコンがありますが、これはお掃除をしなくてもよいわけではありません。特にLDKの場合はキッチンからの油汚れを吸ってしまい、そのおかげでホコリが付着しやすい環境になるためです。もちろんLDKでなくてもフィルター以外のホコリは取りきることができないため、やはり掃除が必要です。

エアコン掃除で揃えておきたいツール

まずエアコン内部の汚れを落とすためのエアコン内部洗浄クリーナーです。冷却フィンには洗浄スプレー、ファンにはムース状の洗浄スプレーと、洗い流すためのリンス液スプレーがセット販売された商品がありますのでそちらを用います。

そしてエアコン内部を洗い流すために使えるペットボトル用加圧式スプレーボトル、フィルターに付着したホコリ取りに使える使い古しの歯ブラシ、重曹、汚水受けに使うゴミ袋、新聞紙、雑巾、ガムテープもしくは養生テープです。スプレーボトルはあえて加圧式をセレクトすることで、水圧を強くすることができるので大変便利です。

エアコンの掃除方法

エアコンを掃除する場合、まずエアコンの周りやコンセントを汚さないように壁、天井、コンセントにゴミ袋を切って広げ、養生の代わりに使います。実はこの養生の作業が簡単なように見えて、丁寧にやると時間がかかります。そのため、できればエアコンが必要になる少し前の時期から準備を始めるとよいでしょう。次にまずフィルターを掃除します。フィルターを外して表裏共に掃除機でホコリを吸い取ります。その後、水で濡らしてから歯ブラシで汚れを落とします。

このとき、歯ブラシを強めにこするとフィルターが歪んでしまうため、力加減はやさしめに行いましょう。万が一汚れが取りにくい場合や油汚れやタバコのヤニなどでべたついているときは重曹を使って浸け置きするとよいでしょう。油汚れには水を使うのではなく、ぬるま湯が効果的です。洗浄が終われば、乾燥させます。天気のよい日は外に陰干ししておくとよいでしょう。

冷却フィンやファンの掃除に移ります。ここで必ず行いたいことはコンセントを抜くことです。エアコンの内部を作業するためです。冷却フィンの表面を掃除機で吸い取ってから、水で濡らして硬く絞った雑巾で汚れをふき取りましょう。ファンに洗浄ムースを付けます。

そして冷却ファンにも洗浄スプレーをかけておきます。このまま15分から30分放置しておきます。その後リンス液スプレーをファンに吹き付け、最後にペットボトルに水を入れた加圧式ボトルを使って洗浄液をキレイに洗い流しましょう。掃除が終わったら、送風口にタオルまたは別の雑巾を当て、送風モード運転をして水分を飛ばしましょう。そしてフィルターを取り付けます。終わったら、さらに送風もしくは夏であればドライモードを使って30分程度運転したら完了です。

いかがでしょうか。少々の手間はかかりますが、洗浄スプレーさえ買えば、自宅にあるものである程度の掃除を行うことができます。
特に夏前になるとエアコンクリーニングは非常に混み合いますので、希望の日が取れないことも多数あります。そんなときは先の予約日までとりあえずセルフで簡単にクリーニングをして暑さをしのぐとよいでしょう。

関連記事一覧

  1. エアコンを買うときに失敗しないための注意点とは

  2. エアコンは消費電力が多いのに付けっぱなしのほうがいいってなぜ?

  3. 奈良県でエアコンクリーニングを検討するなら

  4. エアコンの効きが悪くなった原因とその解決策とは

  5. 名古屋で年末のエアコンクリーニングは今すぐに

  6. エアコンの除湿は、冷房より電気代が高くつくことがある?