エアコンの除湿は、冷房より電気代が高くつくことがある?

蒸し暑い時期を快適に過ごしたいなら、エアコンは冷房よりも除湿にしたほうが効果的だし、なによりエコだとよく言われます。湿度が15%下がると体感温度は約1度下がるので、たしかに快適になります。しかし電気代については、機能をよく理解しないままむやみに除湿をしていると、冷房よりも高くつく事があるので要注意です。

エアコンの除湿機能は、実際は弱めの冷房をしているのと同じことです。熱交換器の温度を下げて結露を発生させることで、まわりの空気の湿度を下げる仕組みになっています。ただし、あくまで除湿なので、冷房と違って部屋の湿度をあまり下げないようにコントロールしなければなりません。それにはふたつの方式があります。

もともと使われていたのが「弱冷房方式」で、これは文字どおり弱い冷房を使って除湿をします。弱い冷房では熱交換器の温度はそれほど下がらないので、除湿の効果は高いとは言えませんが、そのぶん電気代は安くなります。室温が下がりすぎないように冷房のオンとオフを繰り返すので、トータルの運転時間が短くなるためです。

これに対し、最近発売されたモノや、高機能を謳った機種に搭載されているのが「再熱方式」の除湿。こちらは一旦、急速に熱交換器の温度を下げてシッカリ除湿し、下がってしまったまわりの空気を再度暖め直すことで、快適な室温になるようにコントロールしています。つまり、冷房と暖房をダブルで使っているようなものなので、冷房だけを使うよりも電気代は割高になります。電気代で見ると、弱冷房除湿、冷房、再熱除湿の順に高くなるので、まずは使用しているエアコンの除湿機能がどのようなものなのか確認してみましょう。

状況や目的に合わせて機能を切り替えれば、快適かつエコな使い方が出来ます。なお、電気代は設定温度によって変わってきます。電気代が気になるならまずは温度設定を少し上げる事を心掛けましょう。そしてエアコン運転時は窓のカーテンやブラインドを引いて、室温ができるだけ逃げないようにすることも効果的です。

関連記事一覧

  1. エアコンの効きが悪くなった原因とその解決策とは

  2. 奈良県でエアコンに関する悩みを解消します

  3. 業者じゃなくても自分でできる?!エアコンクリーニング方法

  4. 奈良県でエアコンクリーニングを検討するなら

  5. 京都府でエアコン取り付け工事は専門の業者に任せ

  6. エアコンは消費電力が多いのに付けっぱなしのほうがいいってなぜ?