エアコンにカビが繁殖する原因と人体に及ぶリスクに迫る!

暑い季節になって久々にエアコンを付けたらカビ臭いという経験がある方は多いのではないでしょうか。実際に内部を見るとカビがびっしり生えていることは少なくありません。エアコンは家電製品の中でも非常にカビが繁殖しやすく、カビが繁殖したままエアコンをかけることでカビの胞子を部屋中にばらまいてしまうことになります。

その胞子を吸い込むことで喘息やアレルギーを起こしてしまうこともあります。そのため、エアコンは定期的なお手入れが必須となります。ではエアコンはどうしてカビが生えるのでしょうか。

エアコンにカビが生える原因とは

そもそもカビが繁殖するには条件があるのですが、一般的にカビは5℃以上の環境でも発生できるのですが、20~30℃になるとカビが好む環境となるため、非常に発生しやすくなります。また、気温だけでなく、カビの条件として湿度も大きく関係しています。たとえば冷房で運転をするとエアコン内部によるフィンにより空気が冷やされることで冷気が発生する仕組みとなっています。このとき、結露が発生しやすくなることでエアコンの内部の湿度が急上昇してしまいます。

さらに湿度が高いうえにエアコン内部は温度も高いため高温多湿の環境となりカビの発生しやすい環境となるのです。また、エアコンは室内の空気を吸い込んで温度を調整した空気を発生するためにどうしても空気中にあるホコリをエアコン内に吸い込んでしまいます。これにより、ファンやフィンの中にもホコリ汚れが溜まってしまうのです。実はこのホコリ、カビの栄養源となっているのをご存知でしょうか。高温多湿によって発生したカビがこのホコリを餌にしてどんどん増殖してしまう結果に陥ります。

エアコンのカビによって生じる人体への危険性

エアコンにカビが生えている状態で使用し続けると、カビの胞子がばらまかれ、鼻や口から私たちの体内に吸い込まれます。これによって喘息やアレルギー性鼻炎、肺炎、アトピー性皮膚炎などの症状が起こるケースが高くなるのです。この中でも最も恐ろしいのが夏型過敏性肺炎です。この夏型過敏性肺炎はトリコスポロンと呼ばれるカビを一定期間吸い込むことで発症する病です。主な症状としては乾いた咳と息切れです。

また発熱を起こすこともあり、一見夏風邪と勘違いをしてしまうケースも多いです。ただ、この場合、エアコンを付け始めてから症状が出始めた、風邪薬を飲んでも一向によくならないという場合はこの夏型過敏性肺炎の可能性が高いです。夏型過敏性肺炎は放っておくと重篤化して呼吸不全を起こしてしまうこともある怖い病気です。こうなる前にエアコンを掃除してカビを撃退する必要があります。

また、特に小さなお子様は免疫力が低いために、成人以上にカビに対する影響を受けやすいので小さなお子様がいらっしゃるご家庭は注意しましょう。特にエアコンなどの環境で小さなお子様がアトピーになる場合やアレルギー、喘息になってしまった場合、大人になっても治りにくくなってしまうことも多いです。お子様の将来のためにもできるだけ清潔な環境を保てるように心がけましょう。

エアコンのカビを予防する対策

まずカビ予防のためにフィルターを定期的にお手入れして、フィルターにホコリが付かないようにしましょう。掃除機でホコリを吸い込んで、あとは水洗いするだけでも随分異なります。是非天気のよい日にフィルターのお手入れを使っていない時期であっても行うようにしましょう。掃除をこまめにすることも必要ですが、プラスしてエアコン内部のカビの予防になる方法をいくつかご紹介していきましょう。

まずエアコンは冷房運転で結露が発生しやすくなるため、これを防ぐには冷房を使ったあと、すぐ暖房運転、もしくは送風運転を行うように心がけましょう。早くても30分から1時間は続けて行うと安心です。近年のエアコンには内部クリーンという機能が自動で付いていますが、これがまさしく暖房運転や送風運転によりエアコン内部を乾燥して湿度を下げ、カビの繁殖を防いでいる状態です。

真夏は暑いので出かける前や部屋から出る際に使うとよいでしょう。さらにカビが好むものといえば前述の通り、ホコリです。常にホコリがたまらない環境でいることです。そのためにはこまめな掃除、そして窓を開け、換気扇を回す等して室内を換気してホコリを外に出すようにしましょう。晴天の日に窓を開けると乾燥した外気も入ってくるため部屋の湿度を大きく下げることも可能ですからカビが好みにくい環境にすることができます。湿度の多い日は除湿をするのもよいでしょう。

エアコンのカビは喘息やアレルギーだけでなく、発熱や呼吸不全まで起こす可能性もある肺炎を引き起こすリスクもあります。できるだけエアコン本体の結露を解消する対策&カビの餌となるホコリを室内からなくす努力をしてカビの発生しにくい環境に整えましょう。

関連記事一覧

  1. 奈良県でエアコンに関する悩みを解消します

  2. 家電量販店で安く買う方法!いいモノをお得に手に入れる!

  3. 大阪リフォームするならエアコン工事はお任せください

  4. エアコンは安くなる時期を知ってタイミングよく買うのがおすすめ

  5. 業者じゃなくても自分でできる?!エアコンクリーニング方法

  6. エアコンの効きが悪くなった原因とその解決策とは